大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2018-03-02京都市山科区 4歳 男児

2歳の歯科検診から反対咬合の指摘も、永久歯に生え変わるまで様子見ましょうと言われて来ました。

 

 

4歳男児です。
2歳の歯科検診から反対咬合の指摘も、永久歯に生え変わるまで様子見ましょうと言われて来ました。
しかし、現在下の歯が上の歯より完全に出ていて、乳歯のうちから矯正すれば、生え変わり後が良いとネットで見ました。
4歳でもそちらでなにかしら手立てはあるでしょうか。
A.西田矯正歯科
こんにちは、西田矯正歯科の西田真です。
お写真がないので一般的な問題としてお話させていただきます。
反対咬合の開始の時期は、
A. 全ての乳歯が萌出後、
B. 上下前歯部の永久歯萌出後、
C. 全ての永久歯萌出後、
D. 下顎骨の成長終了が予測される時期が考えられます。
A〜Dのどのタイミングが良いかは、歯、骨格の状態により判断することになります。
また低年齢の場合、年齢的に矯正装置を正しく使用していただけるかどうかの問題もございますので、それらのことも考慮し時期を決定しております。
ただ、Aから開始した場合でも、B,C,Dの時期に再治療する可能性もあります。

西田矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

西田矯正歯科(日本矯正歯科学会認定医・指導医・歯学博士)

〒607-8009 京都市山科区安朱北屋敷町4 [詳細マップ]
TEL 075-501-5489
[診療時間]月・火・金:10:00~19:00 土:9:30~19:00 日:9:30~18:30
[休診日]  水・木・祝祭日
歯並びに関してお困りの方は、費用は無料ですのでご相談ください。 お口の中を一度拝見させていただいた上、お話し合いをさせていただきます。なお治療は、すべて院長のみが責任をもって行っております。
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について