大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2017-08-0325歳女性

現在アメリカで歯科矯正中を初めて3週間です。 前歯が出っ歯で、噛み合わせが深いです。こちらの先生に歯を抜く必要がないと言われました。

 

 

現在アメリカで歯科矯正中を初めて3週間です。
前歯が出っ歯で、噛み合わせが深いです。歯並び自体はそこまでバラバラではありません。上顎を凹ませたいという思いで歯科矯正を決めましたが、こちらの先生に歯を抜く必要がないと言われました。
しかし、多くの情報を見ていると、歯を抜いてスペースを作る以外に上顎をへこませる方法はなさそうです。顎を広げる、ともおっしゃっていましたが、そしたら顔が大きくなりませんか?
歯を抜くなら抜けるが、自分次第と言われました。
大切な歯なので、悩みます。

A.はしもと矯正歯科
はしもと矯正歯科、歯並びTVの橋本公志です。
写真の添付ありがとうございました。
治療目標のご希望は綺麗なE-ラインと言うことですが、残念ながら頂いた写真には横顔の情報がありませんでした。
ですから、現在の状態が把握できません。
と言うことで、今回は一般論としての抜歯・非抜歯についてお話しさせて頂きます。
患者様の希望はさておき、矯正医が治療目標とするのは綺麗な歯並び・噛み合わせです。
これは1本1本の全ての歯が綺麗に歯列で調和していることを示しています。
抜歯などの矯正治療に伴う処置は、これらを達成する手段です。
したがって、達成するのに必要であれば抜歯しますし必要無ければ抜歯はしません。
問題は綺麗な歯並び・噛み合わせの目標設定が「一つの点」ではなく、一定の範囲があるゾーンであることです。
この設定は主治医の考え方によっても異なりますし、学説によっても異なります。
どうやら貴方の主治医は「抜歯しなくても矯正学的な目標の達成は可能」と判断したようですね。
歯並び自体はそれほど叢生も無い様子ですし、元の噛み合わせが深い場合、歯並びの改善により下顎の噛む位置がかわり、それに伴って下顎が前方に来てある程度Eーラインが改善するケースもあります。残念ながら頂いた写真からはこれらの状況を把握するに至りませんし、それ以前に抜歯・非抜歯は矯正治療を行う上で最も重要な判断であることに変わりはありません。
しかし,このあたりの事を曖昧にしたまま治療を進めると、ご自分にとっては不満足な結果で終わってしまう可能性もあります。
そうなって参りますと、現状で貴方の取れる選択肢は幾つかに絞られます。

1.もう一度担当医とよく話し合って、具体的な治療目標を明確にしてもらう。
2.確実に希望に添うため、抜歯を希望する。
3.取りあえず非抜歯で治療を進め,自分の希望に到達出来なければその時点で抜歯を行う。
4.自分の希望を確実に示して、納得の行く治療方針・説明をしてくれる医院に転院する。

位でしょうか。
お近くであればご来院の上、セカンドオピニオンを差し上げることもできますが、現在のお住まいでは非現実的ですね。
いずれにせよ担当医と再度よく話し合う必要がありそうですね。
申し訳ありませんが、頂いた情報からお話し出来ることはこれくらいです。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

その他

2010-10-25奈良市50歳女性

矯正を進められています。年齢的に50歳で心配です。

A.しみず矯正歯科

矯正治療について