大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2018-01-27佐賀県6歳女の子

6歳の娘、上の歯がまだ乳歯です。受け口の治療、生え揃った後がいいのか今からがいいのか悩んでいます。

 

 

ご相談させていただきます。6歳の娘です。
乳歯の頃は正常だったのですが、下の4本の前歯が生え揃ってから歯科検診で受け口になる可能性がありますが、上の歯がまだ乳歯なのでかぶさるかもしれないので様子をみましょうといわれました。
その後、上の前歯が一本抜けて今は生えて来る途中なんですが、受け口の治療が生え揃った後がいいのか今からがいいのか悩んでいます。
あと下の4本の永久歯がガタガタしているのも気になります。
住んでいる場所が田舎なので相談できる歯医者さんが近くにないので教えていただきたいなと思いました。
よろしくお願い致します。

A.はしもと矯正歯科
はしもと矯正歯科、歯並びTVの橋本公志です。
矯正治療は何時から開始するべきか?
これは学会などでも度々議論になる難しい問題です。一般的に世の中の病気と呼ばれるものは「早期発見,早期治療」がよしとされています。ただ矯正治療には全てが当てはまるわけでありません。
何故なら不正咬合の治療は「病気では無かった健康な状態の元に戻す」治療ではなく「新しい良い状態」を創り出すのが目的だからで,ここで言えることは「何時始めるか?」ではなく「いつ終われるか?」です。
これについて語り出すとキリが無いので,「早ければ早いほど良い」ものではなく,定説も完成されていない。とお考え下さい。
ですので,貴方のお子様の治療も「担当医の考え方次第で最適時期が異なる」ことをまずご理解下さい。その上で我々の見解としましては,頂いた写真から判断する限り,なるべく早く前歯の治療は開始するのが安全かと思います。
このまま放置すると,前歯が受け口になる可能性があります。でも,その時点からの開始であっても「手遅れ」という訳ではありません。受け口からの治療も問題無く可能です。
ここで大切なポイントは「どの時点で開始しても治療は可能だが,結果的に長期間の通院になる事が予想される」です。歯並びの治療をする,キチンと直す,ということは言い換えれば見た目にも綺麗で,ちゃんと食事・発音ができる。そしてそれが生涯安定している,ということです。
もっと分かりやすく言えば「子供の一時期だけ綺麗でもあまり意味が無い」ということです。色々な不正咬合の中でも「受け口」が場合によっては一番長期化・複雑化する可能性がありますので,6才の時点から全てを文章で説明するのは困難ですので,お早めに通院可能な矯正医(無理なら小児歯科医)にご相談されることをお勧めします。
状況が見た目ほど単純では無いので歯切れの悪い長文で申し訳ありません。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

2011-12-05アメリカ在住6歳女の子

6歳の娘、乳歯から2~3㎜ほど内側から永久歯が生えてきました。

A.はしもと矯正歯科

2010-11-25神戸市6歳10か月男の子

反対咬合で永久歯の先天的欠如、顎が小さく下顎に叢生もあります。

A.広瀬矯正歯科

2010-03-18兵庫県6歳男の子

6歳、下の中央部前歯2本が先欠歯と言われました。

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について