大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2006-07-26

上前歯2本がねじれて生えており、下からのぞくとハの字になっています。抜歯せず上6本+下6本の両端を薄く削ってスペースを作り、並びを良くできると言われましたが、正しい診察なのでしょうか。

 

 

 歯の矯正を考えています。状態は、上前歯2本がねじれて生えており、下からのぞくとハの字になっています。上はあと1本少し八重歯に生えています。
 下前歯4本もガタガタです。先日とある矯正歯科へ行った際、奥歯はかみ合わせも良い(らしい)ので、抜歯せず上6本+下6本の両端を薄く削ってスペースを作り、このスペースを使って並びを良くできると言われました。
 抜歯も気が引けるのですが、こんなにも多くの健康な歯を削るのも気が引けます。これも正しい診察なのでしょうか。
A.はしもと矯正歯科
 はしもと矯正歯科院長の橋本公志です。
 ねじれてハの字になっているのであれ、前後に凸凹になっているのであれ、状況と致しましては「顎の骨の長さと歯の幅が調和せず、並びたくても並べない」状態のようですね。
 こういったケースは多くの場合、何本か歯を抜いてスペースを作って並べる、と言うのが一般的な矯正治療です。
 しかしながら、誰でも出来れば歯は抜きたくありませんし、また当然のことですが、歯は「抜くか抜かないか」の二つに一つですので、凸凹の程度によっては「抜くまでには至らないが、そのまま並べるのは困難」といった場合も存在します。
 こういったケースでは隣り合う歯の表面を薄く削ってスペースを作ってやると言った治療が考えられます。これは矯正治療の方法論としてはそれなりに歴史のある、確立された手法であり、さほど珍しい物ではありません。
 この手法は歯を削るのに「あくまで歯の健康を損なわない程度」であることが重要です。
 目安としては一つの面で0.2~0.5mmあたりですので、1本や2本の歯に用いても目立った効果は得られません。そこで通常4本から8本程度までの本数で行われることが多いです。
 従って本数を少なくしようとすれば、必然的に一面あたりの削る量が増えてしまいますので、却って歯にとっての負担が増えることになりかねません。ですので、削るという診断が正しければ問題ありませんので、ご安心下さい。
 歯を抜くにせよ削るにせよ一度行うと元には戻れない処置です。担当医とよく相談してご自分にとって最良と思われる判断をなさって下さい。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

未分類

2011-02-04和歌山市32歳女性

前歯に1mm程の隙間があり、気になります。矯正できますか?

A.太田矯正歯科

2010-10-27千葉県39歳女性

MFTについて、ネットでご指導いただけませんでしょうか?

A.広瀬矯正歯科

2010-01-14和歌山市34歳女性

歯の矯正をしたいと同時に、妊娠もしたいと望んでおります。

A.太田矯正歯科

矯正治療について