大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2006-07-185歳女の子

5歳3ヶ月の女児3歳児歯科検診の際、反対咬合と診断され、現在も経過を見ている状況です。しかしながら、今月始めに乳歯前歯2本の後ろに、永久歯2本が出てきており、乳歯については、グラグラしている状態です。

 

 

 5歳3ヶ月の女児3歳児歯科検診の際、反対咬合と診断され、現在も経過を見ている状況です。しかしながら、今月始めに乳歯前歯2本の後ろに、永久歯2本が出てきており、乳歯については、グラグラしている状態です。
 地元の歯科医院での診察では、反対咬合が直る可能性も指摘されましたが、このような状況を経過観察していくことで良いのかどうか、また、治療を行うとすれば、どのような方法が最良であるかご相談させて頂きました。お忙しい中大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくご指導願います。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 治療の開始時期に対する私の返答はいつも同じで「著しい骨格的問題がある反対咬合でない限り、前歯4本の永久歯と第1大臼歯が生えてから治療を開始する」というものです。
 著しい骨格の問題があるかどうかの判断は素人では難しく、経験を積んだ矯正医に任せるしかありません。
 治療に関しては原因が歯の傾斜だけにある場合と、骨格にも問題がある場合で方針が変わります。骨格に問題がある場合でも上顎骨の劣成長があるタイプと下顎骨の過成長のタイプでは当然、方針や使用する装置も変わります。
 詳しい治療内容については当院ホームページ-早期治療ー受け口を参考にして下さい。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について