大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2006-08-27

歯茎の中で真横にうまっている親知らずは、一般的には抜くべきでしょうか?

 

 

 こんにちは。矯正相談とは少し違うかもしれませんが、お答えいただけるでしょうか?
 2本重なっていたために30年位前に矯正をした下の前歯が、ここ数年 後戻りしつつあります。かかりつけの歯科医の話では「左右の親知らずが歯茎の中で真横にうまっているので、その歯に両側からおされている可能性もある。」と言われました。
 「今後、後戻りを防ぎ、現状維持をするためには、左右の親知らずを抜いたほうがよいと思う。そして、必要があれば、矯正歯科に相談して、後戻りしないための何らかの治療をしてみてもいいかもしれない。」と言われました。
 今は治療云々よりも、まず親知らずを抜くべきか、迷っています。完全に埋まっているために大掛かりになるようなので、躊躇しています。メールだけでは判断しかねるとは思いますが、一般的には抜くべきでしょうか?昔通っていた矯正歯科は もうないのですが、近くの矯正歯科に相談に行ってもよいものでしょうか?
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 一般的に水平に埋伏した親知らずは抜歯します。
 理由は、かかりつけの先生の言われるように後戻りを防ぐためか、あるいは大臼歯の後方移動をする場合に障害になるからです。
 今後、後戻りの程度によって保定装置の再装着か再治療ということになるでしょう。
 親知らずのことも含めて矯正医に相談に行かれることをお勧め致します。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正治療について

2017-09-16兵庫県 30代 女

受け口を、矯正、外科手術で治したいなあと考えております。

A.西田矯正歯科

2008-01-12京都市伏見区25歳女性

歯を抜かず削って矯正をするといった事は出来ますか。

A.西田矯正歯科

矯正治療について