大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2006-08-299歳男の子

もうじき9歳になる息子が、12歳臼歯1本の先天欠如と言われました。奥歯が欠損している事に、とても不安を感じています。

 

 

 もうじき9歳になる息子が、12歳臼歯1本の先天欠如と言われました。奥歯が欠損している事に、とても不安を感じています。
 通い始めた矯正歯科では、今はとりあえず上顎前突の治療をしているのみで、永久歯列に関する治療は、又後ほどと考えていらっしゃるのか、先天欠如に関する治療方針は聞いていません。
 そして、治療をしたとしても、ゆくゆくは奥歯一本ないことで、元にもどるかもしれない・・とまで言われています。奥歯一本ない場合、矯正によって何処まで治るのでしょうか・・?
 宜しくお願い致します。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 12歳臼歯の先天的欠如の治療では第3大臼歯をその代用として使うのが一般的です。
 上顎前突の治療で、まず優先すべきは骨格の改善です。つまり、状態に応じて上顎の成長抑制か下顎の成長促進を行います。そして成長の目処がついた段階で、咬合や口元の状態を考慮して抜歯か非抜歯を決めます。
 ここでの再診断の結果によって先天的欠如の部位に6歳臼歯を後方に動かすか、第3大臼歯を前方に移動するかを決めることになります。
 お子さんの状態を診ておりませんので断定はできませんが、上記のような治療の流れからみても12歳臼歯の先天的欠如に関しては、現時点では心配されることはないと思います。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

2017-09-30兵庫県 女性

鎖骨頭蓋異形成症の歯科治療について

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について