大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2007-02-0631歳女性

現在、欧州で矯正を始めて4ヶ月ほどになります。抜歯をするか否かを決めないとならないのですが、私の担当医は、抜歯をすると歯の数が減るので、笑った時の口(スマイル)が小さくなる、笑った時の歯もあまり見えなくなる(口元がさびしくなる)、という理由で抜歯を勧めません。

 

 

 お世話になります。
 現在、欧州で矯正を始めて4ヶ月ほどになります。抜歯をするか否かを決めないとならないのですが、私の担当医は、抜歯をすると歯の数が減るので、笑った時の口(スマイル)が小さくなる、笑った時の歯もあまり見えなくなる(口元がさびしくなる)、という理由で抜歯を勧めません。
 私は口の大きさ(横の長さは)一定のはずなのに、抜歯をするとスマイルが小さくなるというのがどうしても理解できず、担当医にも説明を求めたのですが、納得のいく回答が返ってこず、話が平行線をたどっています。
 そこで先生のご意見をお伺いしたいのですが、抜歯をしたことによって歯が見えなくなったり、スマイルが小さくなったり、口元がさびしくなったりすることはあるのでしょうか?
 ちなみに私の現在の横顔は、矯正前は下唇がEラインに触れる程度だったのですが、まず抜歯をせずに歯並びを整えたことによって、両唇がEラインから若干外に出るくらいの位置になりました。抜歯をしないことによって横顔がこのままになってしまうのも嫌ですが、抜歯をしたことによって口元が寂しくなることがあるのであれば、それも考えてしまいます。
 何かアドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 通常、矯正治療において「口元がさびしくなる」という表現を使うのは、抜歯によって前歯を引っ込めたために口元がEラインよりかなり後方に位置するようになった時です。また前歯が必要以上に引っ込むと、笑った際に歯が見えにくくなります。おそらくそのことを「スマイルが小さくなる」と言われたのでしょう。
 日本人は白人に比べ、デコボコの程度が大きいため小臼歯の抜歯の可能性が高いのですが、中には抜歯と非抜歯のボーダーラインに位置する方もおられます。要するに抜歯をすると口元が引っ込みすぎるし、抜歯を行わないと少し口元が突出するというケースです。
 こういう場合の解決法としては非抜歯で行った上で、ストリッピングと呼ばれる歯のサイズを小さくする方法があります。(当院ホームページー非抜歯治療参照)
 歯のサイズを小さくして作ったスペースを利用して前歯を引っ込めるわけです。
 どうしてもEラインが気になるのでしたら、このような方法もありますから、一度主治医に相談されてみてはいかがでしょうか。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

その他

2010-10-25奈良市50歳女性

矯正を進められています。年齢的に50歳で心配です。

A.しみず矯正歯科

矯正治療について