大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2007-03-15三田市48歳男性

4年ほど前、右上奥の最後の親知らずを抜歯した後、それまでそろっていた上下の前歯の中心線が5mm~1cmほど下側が右にずれています。どのように動いたと理解すればよいのでしょうか?

 

 

 4年ほど前、右上奥の最後の親知らずを抜歯した後、それまでそろっていた上下の前歯の中心線が5mm~1cmほど下側が右にずれています。どのように動いたと理解すればよいのでしょうか?(下の右第1?小臼歯は20歳頃に抜歯しているので、その部分の両側の歯はそこへ倒れ込んでいます。)
 この噛み合わせでは右顎が深すぎて苦しいので、最近は意図的に前歯の中心線をそろえて噛んでいます。
 その結果、右が浮き、左の片側噛みとなって、左の歯が破損するという状態になっています。
 対策として、倒れこんでいる右下の歯を起こして間を広げ、そこにインプラントなどの義歯を入れてから、歯列を真ん中に戻していくとよいように思うのですが、いかがでしょうか?
 よろしくお願いします。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 親知らずの抜歯後上下の中心線が5mm~10mmずれたとのことですが、このずれの大きさは尋常ではありません。
 どれほどの期間でここまでずれたかにもよりますが、単純に歯が移動したと考えるより、下顎が右へ偏位したとみる方が自然です。
 そうだとすると、あなたの言われる方法は選択肢の一つとして妥当な方法だと思います。
 まず、正中を一致させた時の下顎の位置が正しい位置かどうかを診断してもらうことをお勧め致します。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

その他

2010-07-20神戸市37歳男性

咀嚼した時に歯にしみるような感覚を数年まえから。

A.広瀬矯正歯科

2007-12-29京都市31歳女性

歯根が弱いとすきっぱの治療法はないのでしょうか?

A.西田矯正歯科

2007-10-29彦根市25歳女性

結婚の日だけ装置をはずすことは可能でしょうか?

A.西田矯正歯科

矯正治療について