大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2007-05-09徳島市5歳女の子

五歳の娘ですが、乳歯の時より受け口で、気にはなって歯科院で定期健診をしていました。将来、外科矯正が必要になりそうですと言われ、かなり落ち込んでいます。

 

 

 五歳の娘ですが、乳歯の時より受け口で、気にはなって歯科院で定期健診をしていました。
 すでに、下の前歯4本が永久歯に生え変わり、六歳臼歯が生えると、上下のズレが出てきて、5ミリ以上ずれています。
 今、上の前歯2本が生えてきている状態で、拡大装置とチンキャップをしていますが、先生が将来、外科矯正が必要になりそうですと言われ、かなり落ち込んでいます。
 今、矯正しても無駄になるのでしょうか?
 広瀬先生の【治療例】にも、娘と同じようなタイプがないので、やはり、難しいのですか?
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 年齢が低い時期に始める場合は、骨格的にかなり重度の受け口でも前歯の咬み合わせを変えることが可能になります。
 ただし、その後の成長による後戻りに注意が必要です。
 低年齢のうちに上顎の成長を促したり、その後続く下顎の成長を抑えることも必要でしょう。
 低年齢から始めても100%矯正治療のみで治るとは限りませんが、外科矯正に移行する可能性が低くなることは確かです。
 ですから、今の治療は決して無駄ではありません。
 ただ、今後長期にわたる矯正治療を続けるよりも外科手術を覚悟して成長が止まるまで治療を中断することも選択肢のひとつです。
 上記の点については、矯正医でも考え方は様々です。
 われわれ矯正医は、患者さんやその保護者の方が望むのであれば、その目標に向かって最善を尽くすのみです。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について