大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2007-07-09群馬県26歳女性

後戻りのため、矯正の再治療をした後、二年も経っているのに歯のぐらつきが消えず、食事をしたり、話をしたりするだけで歯というか、歯肉をいうか、痛みと違和感を常に感じます。

 

 

 後戻りのため、矯正の再治療をした後、二年も経っているのに歯のぐらつきが消えず、食事をしたり、話をしたりするだけで歯というか、歯肉をいうか、痛みと違和感を常に感じます。
 歯と歯肉の境目から粘液性の膿のようなのも出てきます。
 再治療をする前に、歯根はすでに短くなっており、歯科医師に本当にしたほうが良いのか確認したところ、「絶対したほうが良い」と言われやりました。
 今でも通っていますが、今は装置を着けるときの接着剤を歯間に入れて固定する処置をされました。
 私の歯はこれからどうしたら良いでしょうか。
 もう、抜けるのを待つしかないのでしょうか?
 前歯ではもう物を噛むことができなくなりつらいです。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 矯正治療後の後戻りを防ぐために私たち矯正医は悪戦苦闘、試行錯誤を繰り返しています。
 もちろん患者さんにも、必ず保定装置を使用してもらい、協力をお願いします。
 保定装置も患者さんによって変え、たとえば舌の癖がある場合などは、舌癖防止のためのとげのついたタイプのものを使用するなど、いろいろと趣向を凝らしています。
 あなたの場合、文面から判断しますと、保定装置を指示通り使用しているにもかかわらず、大きな後戻りが起こっているとしたら、歯周病の進行が原因の可能性が考えられます。
 歯周病とは、歯を支持している歯槽骨が溶けて、なくなる病気です。
 当然歯並びの安定は妨げられます。
 主治医と相談し、もしその可能性があれば、歯周病の治療に精通している先生を紹介してもらって下さい。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

その他

2015-06-02西宮市32歳女性

出っ歯とすきっぱを治す最善の方法を知りたい。

A.広瀬矯正歯科

2010-10-25奈良市50歳女性

矯正を進められています。年齢的に50歳で心配です。

A.しみず矯正歯科

2010-08-07豊島区62歳男性

62才です。この年でも矯正治療が可能でしょうか?

A.広瀬矯正歯科

2010-07-20神戸市37歳男性

咀嚼した時に歯にしみるような感覚を数年まえから。

A.広瀬矯正歯科

2007-12-29京都市31歳女性

歯根が弱いとすきっぱの治療法はないのでしょうか?

A.西田矯正歯科

矯正治療について