大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2005-08-07

15歳の時に二階から転落し上顎骨折、前歯2本を欠損し、差し歯となりました。現在、2本の前歯の根元は、歯が骨に吸収されて消えかけています。(レントゲン)前歯の根元がこのような状態での矯正方法としてはどちらが良いのでしょうか?

 

 

 今から矯正しようと思って近くの矯正歯科に行ったところ、治療方法で若干の違いがありどちらの治療方法を選択するかで迷っている状態で、アドバイスいただければと考えております。
 15歳の時に二階から転落し上顎骨折、前歯2本を欠損し、差し歯となりました。
 現在、2本の前歯の根元は、歯が骨に吸収されて消えかけています。(レントゲン)
 前歯の根元がこのようなの状態での矯正方法としてはどちらが良いのでしょうか?
 また下記以外の方法があるのなら教えていただけませんでしょうか?
 (1)A歯科・・・前歯は近いうち根元が駄目になるので、今ある前歯2本を取り去りその隣の歯を前歯にするとのこと。
 (2)B歯科・・・差し歯のある現状のまま矯正する方法。もし矯正中に前歯が折れたらどうするか質問した所、折れた時に考えますとの回答。アメリカで主流の矯正方法(歯を抜かずに矯正する)をされているとのこと。
A.西田矯正歯科
 こんにちは、西田矯正歯科の西田真です。
 2カ所の診療所での治療方針の違いがあるということを気にされておられますが、問題点は、将来にわたり差し歯の前歯が矯正歯科治療後も保存可能かどうかの判断です。
 これに関しては、CT(レントゲン)をとらないと正確なことは言えません。
 ただ、撮影したとしても将来の予知に苦しむ場合も多々あります。
 将来の予測は難しいです。
 ですから決定されたことに関して諸問題が発生しないかどうかと、新たな問題が生じた後、どのように対処するかをお聞きになることの方が重要です。
 A歯科に関して、抜歯治療後に噛み合わせを構築するにあたり問題点がないかどうか、B歯科に対しては、前歯部に問題が生じた後の対処法を事前に伺っておくことがやはり必要だと思われます。
 もう一度二人の先生と十分にお話し合いなさることをお勧めします。

西田矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

西田矯正歯科(日本矯正歯科学会認定医・指導医・歯学博士)

〒607-8009 京都市山科区安朱北屋敷町4 [詳細マップ]
TEL 075-501-5489
[診療時間]月・火・金:10:00~19:00 土:9:30~19:00 日:9:30~18:30
[休診日]  水・木・祝祭日
歯並びに関してお困りの方は、費用は無料ですのでご相談ください。 お口の中を一度拝見させていただいた上、お話し合いをさせていただきます。なお治療は、すべて院長のみが責任をもって行っております。
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正治療について

2007-11-23兵庫県26歳女性

歯列矯正って差し歯にした歯にはできないんですか?

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について