大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2007-01-01愛知郡36歳女性

三歳四ヶ月の娘です。反対咬合とのことでムーシールドでの治療が始まりました。

 

 

 三歳四ヶ月の娘です。
 反対咬合とのことでムーシールドでの治療が始まりました。
 しかし、ネット等で調べると骨格の問題の場合は適さないとのこと。
 ①レントゲン検査は行われていないのですが、専門医なら見ただけで「これは骨格の問題ではない」とわかり、一番適する治療法をお選びいただけたと理解していいのでしょうか。
 ②口呼吸が身についてしまいませんか。
 ③飲み込むなど事故の危険性はないのでしょうか。気をつける点はありますでしょうか。
 お忙しそうな主治医には聞けず、コミュニケーションがうまくいっていないように感じ、不安です。どうぞよろしくお願いいたします。
A.大山矯正歯科
 大山矯正歯科 院長の大山 照彦です。
 ムーシールドでの治療の場合、やってみて効果がある場合と、そうでない場合とあります。必ずしも治る装置ではありません。
 もし、ムーシールドで治れば 儲け物 位の感覚で、受診された方が良いと思います。おそらくムーシールドを提供された歯科医師も、『必ず受け口は治ります』とは言われてはいないと思います。『治るかもしれませんよ』と言われたのでは・・・
 矯正治療を本格的に始めるのは、小学校に入った位が開始時期になりますので、現状矯正専門の先生に受診されても、おそらく『定期的に様子を見ましょう』ということになるでしょう。
 ですから、とりあえずムーシールドでチャレンジ:してみてはいかがでしょうか!
 ②③については特に心配は要らないと思います。

大山矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

大山矯正歯科(日本矯正歯科学会認定医・指導医・歯学博士)

〒553-0001 名古屋市中区栄5-16-14 新東陽ビル2F [交通アクセス]
TEL 052-251-3332
[診療時間]月・火・水:10:00~19:00 土・日:10:00~18:00
[休診日]  木・金・国民の祝日
皆様に最新の治療や最良な治療環境を提供できるよう日々努力しています。
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について