大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2007-05-07袋井市32歳女性

もうすぐ5歳になる双子の息子のことでご相談させていただきます。

 

 

 はじめまして。
 もうすぐ5歳になる双子の息子のことでご相談させていただきます。
 長男は指しゃぶりが続いており、3歳の検診で開咬と診断され、現在は前歯だけでなく、歯茎も出てしまっています。
 それと同時に下顎のほうも気になっています。
 私自身も上の歯と下の歯の先端がちょうど同じ位になる受け口で、家族にも同じような者が見られます。
 次男は指しゃぶりはなったので開咬ではありませんが、やはり私と同じように上の歯と下の歯の先端が同じくらいの位置にあり、骨格も似ています。
 長男の場合は、開咬と受け口の矯正を同時におこなうことになるのでしょうか?
 それとも一つ一つ治していくことになるのでしょうか?
 双子ですので二人同時にということもあり、費用の面でもかなり心配です。
 宜しくお願い致します。
A.大山矯正歯科
 大山矯正歯科 院長の大山 照彦です。
 二人のお子様の年齢が5歳と言う事ですと、矯正治療に取り掛かるには、まだまだ早すぎると思います。
 指しゃぶり・開咬・受け口の治療を開始するのは、大人の前歯が萌え変わる頃、つまり小学生1年生になった頃から、初めてアプローチし始めますので、あまり心配せず、もう少し様子を見られたら良いと思います。

大山矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

大山矯正歯科(日本矯正歯科学会認定医・指導医・歯学博士)

〒553-0001 名古屋市中区栄5-16-14 新東陽ビル2F [交通アクセス]
TEL 052-251-3332
[診療時間]月・火・水:10:00~19:00 土・日:10:00~18:00
[休診日]  木・金・国民の祝日
皆様に最新の治療や最良な治療環境を提供できるよう日々努力しています。
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について