大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2008-02-01兵庫県三田市32歳女性

受け口の外科手術を受ける予定で、今術前矯正中です。外科手術をする先生は、矯正期間を短くするために、手術を2回に分ける、と言われました。

 

 

 受け口の外科手術を受ける予定で、今術前矯正中です。
 外科手術をする先生は、矯正期間を短くするために、手術を2回に分ける、と言われました。
 上顎の歯を骨ごと二本抜いて、その隙間を埋める手術を、術前矯正中にするそうです。
 この手術に関して不安があります。
 理由は、矯正の先生が、この手術は前例が無いと言われたこと、手術の先生が始めは二回に分けるということだったのに、そのことを忘れてしまっていたくらいなので、本当に必要なのか分からないからです。
 この手術は、あまりメジャーではないのでしょうか。
 この手術を受けると、本当に矯正期間は短くなるのでしょうか。
 この手術の名称は何でしょうか。
 以上、お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 お尋ねの手術の名称は、「下顎歯槽部骨切り術」か「下顎骨体部切除術」だと思います。
 どちらも通常第1小臼歯とその付近の骨を取り、下顎骨を後方に移動する術式で、下顎骨が著しく前方に出ている患者さんには、用いることはありません。
 前歯が前方に倒れていることが原因で起こる軽度の受け口や、上下前歯が開いている開咬が適応症で、比較的臼歯部の咬み合わせがよい場合に用いられます。
 また、歯茎の状態が悪いなど長期間の矯正治療に耐えられない場合も期間短縮の目的で選択されることがあります。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正治療について