大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2008-04-01兵庫県神戸市38歳男性

歯科矯正医院で下顎の歯を並べる場所が少ないので、それぞれの歯のエナメル質を少しずつ削って場所を確保するという説明を受けました。

 

 

 歯科矯正医院で下顎の歯を並べる場所が少ないので、それぞれの歯のエナメル質を少しずつ削って場所を確保するという説明を受けました。
 エナメル質を削った場合知覚過敏や虫歯になり易かったり、歯に悪い影響はないのでしょうか?
 よろしくお願い致します。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 歯のエナメル質を削ってスペースを作る方法は、ディスキング、スレンダライジング、あるいはストリッピングと呼ばれ、矯正治療で昔から用いられてきた方法です。
 厳密に言うと歯にとってよくないのは確かですが、過大な削合はせず、削った後はフッ素を塗布するなど虫歯の予防処置をしっかりすれば、ほとんど問題はありません。
 削る量があまりにも多くなるようなら、診断時に他の方法を検討することになります。
 (当院ホームページー非抜歯治療参照)

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正治療について