大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2009-03-03兵庫県26歳女性

上と下に器具をつけて、上の器具は3年弱前にはずれ、下の器具は去年にはずれました。ですが、その後も、半年に一回くらい診察に来てもらう事をお勧めしていますと言われました。今後もずっと通わなきゃいけないものなのでしょうか?

 

 

 矯正治療に関しての知識がなく、現在の治療についてお伺いします。
 21歳の時、下の前歯が出ていて受け口になっていたので矯正の治療を始めました。
 上と下に器具をつけて、上の器具は3年弱前にはずれ、下の器具は去年にはずれました。
 歯型をとって、写真をとる為にあと2回通ってください。と言われその後も、半年に一回くらい診察に来てもらう事をお勧めしていますと言われました。
 今後もずっと通わなきゃいけないものなのでしょうか?
 知り合いに、治療が終わった後しばらく経った時歯が前に出てきたのでまた矯正を始めたという人がいます。
 先生が良いと言うまで診察してもらわないと、元に戻ってしまう事はありえるのでしょうか?
 ご返答宜しくお願い致します。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 歯は、人が生きている限り動くものです。
 特に矯正治療を終えた患者さんの歯は、元の状態に戻ろうとし、この現象を私たちは『後戻り』と呼んでいます。
 ですから、歯を動かし終えてきれいになった時点から、歯が元に戻らないように保持しておく、保定期間が始まります。
 そして保定期間中は、保定装置を装着しておく必要があります。
 (当院ホームページー保定装置参照)
 保定期間は、一般的には2~3年ですが、長い場合は5年ぐらいに設定されている先生もおられるようです。
 その間は、年に2~3回受診し、保定装置のチェックと使用時間の調整などを行います。
 ただし、当院では後戻り傾向の強い方には、保定期間が過ぎてから以降も、継続して使用することを勧めています。
 医院毎、あるいは患者さんの不正咬合の状態毎に期間が定められ、最初に説明があるのが普通です。
 一度、主治医の先生に質問され、保定期間についての先生のお考えを聞かれてはどうでしょう。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正装置・模型種類について

2015-04-20淡路島26歳女性

クリヤーリテーナーと矯正の調整いくらぐらいですか?

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について