大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2008-06-26滋賀県大津市1歳7ヶ月の女の子

1歳7ヶ月の娘ですが、上の中心の前歯2本の横に少しだけ隙間をあけて犬歯が左右に一本ずつ対照に生えてきています。犬歯と前歯2本の間が狭くて、普通の前歯が生えてきそうな様子がありません。

 

 

 1歳7ヶ月の娘のことですが、乳歯が生え始めたのですが、下顎は8本今のところきれいに生えているようです。
 上の中心の前歯2本の横に少しだけ隙間をあけて犬歯が左右に一本ずつ対照に生えてきています。
 あと、そこから一本分すきまを開けて奥歯1本ずつ計6本です。
 犬歯と前歯2本の間が狭くて、普通の前歯が生えてきそうな様子がありません。
 実は夫が前歯2本の両側すぐとなりに犬歯が生えています。
 その遺伝ではないかと心配しています。
 夫の姉は永久歯がほとんど生えていないという先天的な病気で苦労してます。
 そのため娘の歯並びがとても心配です。
 遺伝で夫と同じような歯並びになる可能性は高いのでしょうか。
 もし、そのような歯並びになった場合、治療方法はあるのでしょうか。
 よろしくお願いいたします。
 ちなみに、9歳の上の男の子は出っ歯+前歯となりが矮小歯(字がわかりませんが)といわれ、小さいという異常があります。
A.西田矯正歯科
 こんにちは、西田矯正歯科の西田 真です。
 お子さんの歯の欠損に付いてご心配のことと存じます。
 現在乳歯に欠損歯が有り、永久歯の欠損歯の可能性をご心配されておられる訳ですね。
 4~6歳になれば永久歯の根っこの存在の確認が可能になりますので、歯科医院にて判断してもらって下さい。
 このとき問題となるのが、欠損数と部位です。
 乳歯に欠損があっても、永久歯は完全だったり、またその逆も有り得ますので、欠損数と欠損場所が重要になります。
 歯の数が上下左右で一本ずつ程度の欠損ならば、一般的にその隙間を矯正歯科治療にて閉鎖することが出来ますので、問題は生じないと思われます。
 若しそれ以上であるならば、矯正歯科治療と、上下左右のバランスを考慮し、将来インプラント等のもので補って対応して行くことに成ります。
 取りあえず、乳歯列の時期は他に大きな問題も生じませんので、幼稚園後半頃から、矯正歯科医院にて定期経過観察と、適切な時期の治療開始が望ましいと思われます。

西田矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

西田矯正歯科(日本矯正歯科学会認定医・指導医・歯学博士)

〒607-8009 京都市山科区安朱北屋敷町4 [詳細マップ]
TEL 075-501-5489
[診療時間]月・火・金:10:00~19:00 土:9:30~19:00 日:9:30~18:30
[休診日]  水・木・祝祭日
歯並びに関してお困りの方は、費用は無料ですのでご相談ください。 お口の中を一度拝見させていただいた上、お話し合いをさせていただきます。なお治療は、すべて院長のみが責任をもって行っております。
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について