大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2010-08-31青森県28歳女性

顎変形症、術前矯正、ゴム+ブラケット(クリアスナップ)は不可なのでしょうか。

 

 

 広瀬先生、初めまして。顎変形症(反対咬合)と診断され、今年夏より術前矯正を開始しました。
 金属アレルギーがあり、エッジワイスブラケットの透明プラスチックで矯正をしています。
 仕方無いと思いますが、どんなに食事を気をつけても、ブラケットプラスチック部分の変色があり、1ヶ月に一度受診の際に、表面の取り外し可能な部分の固定具を交換すると変色は気にならなくなりますが、今回は、さらに上顎、下顎の1~3番の傾きを調整するためにとゴムで固定され、取り外し可能な固定具は装着されておらず、歯に接着されているブラケットがむきだしの状態となっているようでした。
 ですので、歯に接着してある装置の方が直接変色してしまうと思いましたので、その旨 担当医に電話確認しましたが、「ゴムが固定と変色予防を兼ねている」との返答。ですが、私はゴムは取り外しできるので、変色して構わないのですが、歯に接着しているブラケットが変色してしまうと、交換は難しいでしょうし、今後ずっと変色した状態になっているのではと思いました。
 以上のような状況で、ご質問させていただきたいのは、傾きを調整する際に、ゴムをかけて固定し、取りはずしの固定具をしない理由はあるのでしょうか。
 私としましては、ゴムをかけても取り外し可能なブラケットをつけないと変色がひどいので、装着してもらいたかったのですが。またゴム+ブラケットは不可なのかご意見お願いしま
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 取り外し可能な固定具というのは、おそらくクリアスナップというカバーのようなものを指しているのだと思います。
 それを前提に説明させて頂きます。
 クリアスナップを使用した場合の利点は、ワイヤーを強く押さえつけることがないため抵抗が少なくなり、弱い力でスムーズに歯を動かすことができるところにあります。
 ところが強く傾いている歯やねじれている歯を動かす時には、逆にそれがマイナスになり、歯の動きが悪くなってしまいます。
 ですから、そのような歯に対してはゴムや結紮用のワイヤーで強く締めつける必要が生じるわけです。
 ですから、担当の先生の対応はそういうことを意図したものと考えます。
 その際クリアスナップとゴムや結紮用のワイヤーを併用することは可能だと思いますが、併用することによってそれらが外れやすくなることが予想されます。
 詳しくは担当医にお尋ね下さい。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正治療について