大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2010-10-10神戸市1歳8ヶ月男の子

下の真ん中二本が両横の歯より前(外側)に生え、ハの字に生えています。

 

 

 一歳八ヶ月の息子についての相談です。
 下の真ん中二本が両横の歯より前(外側)に生え、ハの字に生えています。(添付写真の①枚目)
 ― ―
 /\
 下前歯四本は、極端に言うと上のような感じです。
 また左の方がより外に生えており、上下を噛み合わせると、左前歯が逆の噛み合わせになり(わかりにくいですが、添付写真②枚目)、だんだんと上の歯は奥へ引っ込み、下の歯はさらに外へ出てくるようになりました。
 最近、その下の歯の高さが他の歯よりかなり低くなっている事に気づきました。
 生え際?と言うか、歯の根の部分の高さも他より低くなってきたようです(添付写真③枚目)
 触ると少しぐらついてもいました。
 また、左下の二番目の歯と前後に隙間がかなり出てきたので、食べ物がよくつまって、食事中に『取って』と言います。
 やはり逆の噛み合わせなので、噛めば噛むほど、これからもそのようになっていくのか、またぐらついて抜けることはないのかと心配になりました。
 検診や、小児歯科では、永久歯に生え変わる時に注意が必要と言われていますが、やはり乳歯のうちは、このまま様子を見るしかないのでしょうか?
 関係ないかもしれませんが、息子は頭部が子供にしては小さ目で周りからよく小顔と言われます。
 乳歯で歯並びが悪いのはあまりないと聞きますし、やはり顎が小さいのではと気になります。
 噛み合わせても歯は左右にはズレていません。
 よろしくお願いいたします。

A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 写真を拝見しますと、確かに前歯の重なりと反対咬合が認められます。
 将来的に永久歯の並ぶスペースの不足が予想されますが、今後の成長によってスペースができてくる可能性もありますから、現時点で悲観することはありません。
 また前歯の反対咬合については、低年齢のお子さんの場合はあごの関節の自由度が大きいため、習慣でそのように咬んでいるだけかもしれません。
 いずれにせよ、今すぐ装置を入れて矯正することは難しいですから、小児歯科で定期的な観察を受け、時期をみて必要であれば矯正歯科を紹介してもらうのがよいでしょう。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について