大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2010-11-04日野市32歳女性

リテーナーを装着して1ヶ月、前歯に動揺があり、固い食べ物を噛み切れません。

 

 

 矯正装置を外してリテーナーを装着していて1ヶ月経つのですが、前歯に動揺があり、前歯で固い食べ物を噛み切れません。
 動揺はおさまってくるのでしょうか?
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 矯正治療後に咬合調整が必要な場合があります。
 咬合調整とは、咬み合せた時に強く当たる歯を軽く削り、調和のとれた咬み合わせにすることを指します。
 前歯で多いのは、歯の内側(舌側)の両側の厚みのある部分です。
 下の前歯の先がこの部分に強く当たることが多く、何回かに渡って少しずつ調整していきます。
 調整することによって奥歯でもしっかりと咬めるようになります。
 もちろん、それ以外に原因がある可能性もありますから、次回通院時に主治医に歯の動揺のことを相談されることをお勧め致します。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正装置・模型種類について

2015-04-20淡路島26歳女性

クリヤーリテーナーと矯正の調整いくらぐらいですか?

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について