大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2011-07-22神戸市北区24歳男性

上下顎前突です。マウスピースタイプ、ワイヤー矯正、裏側矯正、いくつかの意見を頂き迷っています。

 

 

 初めまして。
 只今、矯正歯科医さんをいくつか回っておりまして、先生のお話しをお聞きしたところ、いくつかの意見を頂き迷っているため投稿させて頂きました。
 以前は、下顎前突で受け口、特に口元の下の段の突出感が気になっておりました。
 ただ、矯正歯科医さんにセファロ、スタイナー分析を行って頂いたところ、上下顎前突の症状があるかもしれないと指摘して頂きました。
 その口元の突出感、及び下顎前突の症状があまりひどい方ではないので、マウスピース矯正での治療のお話しをお聞きしたのですが、私としましてはマウスピース矯正で口を閉じて外から見た時の見た目の改善、横顔の見た目の改善がきちんとできるのかどうかかなり不安です。
 親知らずまたは4番の抜歯をして裏側矯正で治療して頂きたかったのですが、抜歯して後ろに下げるとなると口元が下がりすぎると言われました。
 また、上の歯は前歯の間に、下の歯は各所に隙間が少しあります。
 親知らず抜歯に関しましては、逆に口元がもっこりしてしまう方もおられるとお聞きしました...
 最初に見て頂いた時は、切端咬合(下顎前突)からくる痛みがあったため、下の歯の前歯を入れて頂くことのみお願いしたのですが、いろいろ調べているうちに口元の見た目の改善全体の咬み合わせを治さなければ!!と思うようになりました。
 マウスピース矯正での治療で、どれほど口元の見た目改善ができるかどうか。
 また、ワイヤー矯正する際のアンカーインプラントで費用は変わりますでしょうか?
 裏側矯正を考えているのですが、ある矯正歯科医さんでは費用が変わらないと言われました。
 一生に一度のことなので、確信を得てから治療始めて頂きたいと思っております。
 ご協力どうかよろしくお願い致します。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 上下顎の位置関係、前歯の角度、口元の突出の程度等の正確なデータがないため、あくまでも一般論として回答させて頂きます。
 大まかに言いますと口元の突出感の改善は、口唇の後退の度合いで決まり、前歯の後退量とほぼ比例します。
 マウスピースタイプ単独での治療には限界がありますが、現在ある隙間分だけは前歯を後退することは可能です。それ以上の後退を望むのであれば、歯列の拡大や歯を削ることによってスペースを作れば可能性は高まります。
 ただし、全体の咬み合わせを重視するのであれば、上下の大臼歯の咬み合わせが正常であることが前提になり、そうでなければマウスピースタイプ単独での治療は難しいと思われます。
 また、口元の突出感が少ない場合は、抜歯治療によって口元が下がりすぎる恐れがあるのは確かで、特に裏側矯正では奥歯が前方に移動しにくいという特徴があり、その結果、口元が下がる傾向が強くなります。
 その他の費用に関する質問については、歯科医院によって料金設定は様々なため的確にお答えするのは困難です。

 広瀬先生
 返信誠にありがとうございます。
 歯のみの移動は避けて骨格から治したいと思っております。
 やはり下顎が長いと思いますしセファロのスタイナー分析?では上顎80°のところ84.5°で下顎は77°が85.7°でした。
 美容整形も考えていたのですが、矯正だけで治りますでしょうか?
 歯の後退に力を入れすぎてオトガイが突出する可能性ありそうですか?
 ただ横顔、口元の突出感に少しも改善が見られないなら美容外科に相談しようかと思っています。
 いろいろと心配なことがあって…申し訳ありません。
 歯が32本ありそれも含めて口元の突出感があるのかと思い、親知らずの抜歯はして頂きたいと思っていたのですが可能でしょうか?
 少し上顎前突気味のところもありますので、下顎前突を治療する際に用いる”上側前歯を前に出して”というよりは上の前歯も歯茎ごと少し下げたいと思っております。
 何度も申し上げございません。
 よろしくお願い致します。

A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 成人の方は、矯正治療だけで骨格から治すのは無理です。
 骨格から治すのであれば、外科手術を併用する外科矯正治療になります。(当院ホームページー外科矯正参照)
 一般的に外科矯正の適用である患者さんは、上顎前歯は前方に、下顎前歯は後方に傾斜していますから、術前矯正でそれぞれ後方と前方に移動することになります。
 この移動は、通常の矯正治療で下顎前突の治療をする場合とは逆方向への移動です。
 その後外科手術で骨格のずれを治すという治療手順になります。
 外科矯正であれば、下顎自体の後方移動の結果、オトガイも後方に移動します。
 スタイナー分析の結果から判断すると、骨格性の下顎前突と考えられます。
 あとは前歯の角度や上下の咬み合わせの状態で、外科矯正の適用かどうかが決まります。
 また親知らずの抜歯については、必要であれば抜歯を一般歯科あるいは口腔外科に依頼致します。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正装置・模型種類について

矯正治療について