大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2009-12-14豊橋市32歳女性

3歳6ヶ月の娘、反対咬合、ムーシールドを希望。舌の癖がある場合、効果や始める時期などご指導いただけますでしょうか?

 

 

 初めてお便りさせていただきます。
 現在、3歳6ヶ月の娘の不正咬合の治療についてアドバイスをいただきたいと思います。 娘は1歳半検診などまでは反対咬合で下の歯が上の歯よりも隙間ができるほど出ていましたが、少し改善され今はイーの口をすると上下が揃っている状態でとまっています。
 ただ、小さい頃から舌べらを噛んでいる状態で、口の開けていることも多く、泣くときや、何かのときに下あごを突き出す癖のようなものがあります。
 また、喋ったり、イーの口をしたりするときに、あごをずらす癖があります。
 就寝中も指しゃぶりの指を口に入れない状態のような、口の中で舌べらを「ちゅっちゅっ」と動かしています。
 口を閉じても鼻で息は吸っています。
 現在、検診などに行っている歯医者では、自然に治る事は、まずないでしょうとの事でした。
 その時、診療所の待合室でムーシールドの事を知り、娘のような舌の癖がある場合、効果や始める時期などがどうなのかをご指導いただけますでしょうか?
 お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。
A.大山矯正歯科
 大山矯正歯科 院長の大山 照彦です。
 矯正相談の件、お答えいたします。
 ムーシールドで改善する受け口は、どのようなタイプかと申しますと、舌をいつも下顎に置いているような症状をお持ちの患者さんたちに有効です。
 通常、舌は常に上顎に接触しているもので、舌が上顎に接触しているから上顎が大きくなり、上顎と下顎のバランスが取れていくわけですが、舌のポジションに問題のあるお子様たち、つまり、舌を下顎の中に置いている子供たちは、舌の影響で下顎が前方に大きく成長してきます。
 そこで、ムーシールドという装置を就眠時装着することによって、舌の位置を上方にもっていくようにして、舌が下顎に与える影響を最小限にし、また、舌を上方もっていく事で上顎の前方成長を促進させるのが、作用機序となります。
 ムーシールドが効果的にきく年齢は、3~6歳頃といわれています。

大山矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

大山矯正歯科(日本矯正歯科学会認定医・指導医・歯学博士)

〒553-0001 名古屋市中区栄5-16-14 新東陽ビル2F [交通アクセス]
TEL 052-251-3332
[診療時間]月・火・水:10:00~19:00 土・日:10:00~18:00
[休診日]  木・金・国民の祝日
皆様に最新の治療や最良な治療環境を提供できるよう日々努力しています。
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について