大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2009-09-01和歌山市5歳男の子

五歳の子供です。下の歯が二本、永久歯が生えてきたのですが、両方とも斜めに生えてきています。受け口で、あごが狭く、このまま他の歯が抜けても、がたがたになるのは目に見えています。

 

 

 五歳の子供です。下の歯が二本、永久歯が生えてきたのですが、両方とも斜めに生えてきています。受け口で、あごが狭く、このまま他の歯が抜けても、がたがたになるのは目に見えています。
 この場合、いつごろから矯正を始めたらいいのでしょうか?
A.太田矯正歯科
 こんにちは。太田矯正歯科クリニックの太田安彦です。
 メール相談、ありがとうございます。
 下の前歯が歪んで萌えてくることはよくあることです。
 気になるかと思いますが、両隣りの歯の交換や顎の成長がまだありますので、しばらく様子を見てもいいかと思います。
 現時点では受け口ということの方が問題になります。
 矯正治療の開始時期としては大きく分けると
 ①現在より、簡単な装置(ムーシールド等)を使用して、受け口の予防をする
 ②7~8歳頃、上下の前歯の永久歯がはえてから、反対咬合の場合、一次治療として矯正治療を開始する
 ③永久歯への交換と、成長発育が落ち着く頃に本格的な矯正治療
 という時期があげられます。
 早期治療のメリットは、少しでも顎の位置を後ろに誘導させたり上顎の成長を妨げる要因を取り除くことで、成長期における下顎の成長を抑えられる可能性があります。
 しかし、装置を使用することへの負担や、お子様やご家族の協力が長期間必要となります。一時的に良くなったとしても、成長発育が落ち着くまで、定期的に観察を行っていかなければなりません。
 治療を開始する時期は、お子様・ご家族で良く話し合ってから決めていただくのが良いかと思います。

太田矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

太田矯正歯科クリニック(日本矯正歯科学会認定医・歯学博士)

〒553-0001 和歌山県和歌山市本町2丁目27番地松屋ビル3階 [詳細マップ]
TEL 073-426-1182(予約制)
受付時間(予約制)/10:00~12:00 14:00~19:00 土・日曜は、18:00まで
休診日/毎週木・金曜、第2・4日曜、祝祭日
みなさんこんちは!院長の太田安彦です。 矯正についてお悩みですか?「評判の良い矯正はどこにいるの?」「費用や期間が心配です。」「いつから矯正をスタートすればいいの?」まずは、ご相談ご見学にいらしてください。きっとお力になれます!初診は無料で行っています。
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

矯正治療について