大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2004-04-05

受け口の症状で歯も小さいのですが、どんな治療法でどれくらいの期間ぐらい続きそうですか?

 

 

 私は、2歳から矯正していていよいよ来年の夏に本格的に矯正が始まるといわれました。
 その前に親知らずを2本ぬくと言われたのですが、親知らずが生えてないうちに抜くということはどういう治療なんでしょうか?
 それから私は、受け口の症状で歯も小さく、永久歯がはえそろったころにも少し矯正をしていたのですが、どんな治療法でどれくらいの期間ぐらい続きそうですか?むずかしい質問ですがいまから不安でしかたありません。教えてください。
A.はしもと矯正歯科
 はしもと矯正歯科の橋本です。
 2才からの治療とは大変ですね。その時点でお気づきになったお母様に感服いたします。
 受け口の治療だそうですが、歯並びの治療で一番長引くことが多いのが受け口です。受け口には単純に前歯の方向が原因で下顎の前噛みで受け口になっているものと顎の骨のサイズそのものの上下のズレで受け口になっているものがあり、通常はこれらがなにがしかの割合で混じっていることが多いです。
 骨格的な要因が強いと医学的にはできるだけ早期からの治療が望ましいとされており、 いつまでかかるのかという事になってくるとそれは「成長が完全に終わるまで」という答えになります。したがって女性なら15~16才ぐらいになってやっと「安心できる年齢」といえるでしょう。
 ご質問の一つの、どんな治療法でどれくらいの期間ぐらい続きそうですか?に対しては、現在14才でまだ前歯にブレース(歯に取り付ける金具)が付いていないのなら、ブレースが付いてから2年半から3年位の期間がかかりその間ブレースが付いていると思います。この場合全ての歯にブレースが付くことが原則です。
 また親不知についてですが結論から申し上げるとほとんどの方(矯正の治療経験の無い方等を含めて)は抜歯した方が望ましい場合が多いでしょう。
 では何時抜くのかいうことになりますが、受け口の場合で親不知が治療の障害となる可能性が高いという確定診断が下ろせるなら抜歯は早い方が理想です(下顎の場合)。
 したがってあなたの場合は、文面から判断する限りは歯科医学的にはかなり理想を追求した治療をうけておられると考えることが出来ると思います。
 ただし、これは一般論ですが「理想を追求すると治療は複雑、長期化する傾向がある」ことも否めません。もっと短期間で単純な治療法もありますが結果が 「全く同じ」とは言い切れないので、これはどちらが良いと単純に判断できるものでは無いと思います。したがって現在一番の問題は治療の方法論の是非ではなくあなたに治療に対する不安があることでしょう。
 まずは担当医とよく相談してみることが大事と思います。もし、同じ先生で治療されてきたのであれば、ここまでの治療をする方ならきちんと説明して頂けると思います。
 あなたの場合は矯正治療のなかでも長期の部類ですが、やはり矯正治療とういうものは短くても2、3年はかかってしまう長丁場ですので、根気はなにより大事です。
 せっかくここまできたのですからこれからも頑張ってください。

 お返事ありがとうございました。
 主治医の先生を信用して気長にがんばってみようという気持ちになることができました。本当にありがとうございました。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

2016-04-21海外在住14歳女性

海外で矯正を始めるにあたり、抜歯4本と診断されました。

A.はしもと矯正歯科

2011-11-02福岡県みやま市14歳女性

歯並びが悪くて、下顎が出ています。治療、保険、費用は…?

A.広瀬矯正歯科

2011-08-19草津市42歳男性

中2の息子、左右対称に1本ずつ、永久歯欠損があります。

A.西田矯正歯科

矯正治療について