大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2004-07-29

中学生の娘がいます。3つの矯正医院を回って、わけがわからなくなっています。同じ歯を見て、どうしてこうも見解が違うのでしょう?

 

 

 6年生の時、矯正をしたいと言うので電話帳で調べて矯正歯科と明記された歯科医院Aに相談に行きました。
 Aでは虫歯治療後、自然の矯正と称して唇のエクササイズに半年通いました。そして前歯4本を引っ込める矯正をそこでするか、本格的な矯正をするならB医院を紹介するが・・と言われました。それならなぜ最初からそう言ってくれなかったのか不信に思い、Aと繋がりがありそうなBには行かず、C医院に新たに相談に行きました。
C医院も矯正歯科の看板を出しているのですが、矯正の専門医に週1で来てもらっているとのことでした。
 で、その専門医に見てもらったところ、「この子の歯は自分にしか治せない、他の医者なら途中でさじを投げますよ」と言われ、さらに治療は1年半で、それで治らない場合はプラス20万で外科手術もするとのことでした。
 A医院ではそんな深刻なことは言われなかったので、正直驚きました。
 そして、B医院に上記の経緯は伏せて相談に行ったところ、検査をしないとはっきり言えないが、期間は2年~3年でしょうとのことでした。料金の説明程度で相談が終わったので、「この子の歯は特殊ですか」と聞いてみたところ、そんなことはないと言われました・・3つの医院を回って、わけがわからなくなっています。
 私としてはB医院にお願いしようと思うのですが、いかがでしょうか?ちなみにB医院はこちらのリンクで調べたところ、認定医でした。C医院の専門医は名前を教えてもらえなかったのでわかりません。
 同じ歯を見て、どうしてこうも見解が違うのでしょうか?
A.はしもと矯正歯科
 はしもと矯正歯科の橋本です。
 日本において矯正医、少なくとも矯正専門医と名乗る人たちは殆どが歯科大学を卒業して歯科医師になってから大学に残って専門医としての教育を受けます。
 事実上、歯科大学を卒業してから初めて矯正専門医としての教育が始まるといっても過言ではないでしょう。
 歯科大学の付属病院というところは沢山の先生がいまして、卒業したての先生からこの道20年のベテランまでそれは壮観といった状態です。
 大学によって微妙にシステムは異なりますが、概ね初診(相談)、検査、診断、治療開始というプロセスで、診断を行うのに当たり、会議で複数の意見を討議してから最終的な統一見解に至る事が多いのですが、この討論の際、やはり貴方様が経験されたような「同じ患者さまに対して何故こんなに見解が違うのか?」と言うことを経験致します。
 これは「矯正歯科医師という人間が患者という人間に対して直接診療行為を行う」という医療の性質上、ある程度はやむおえない問題であろうかと考えられます。
それとこうした歯科医師ごとの見解の差に加え、治療の難易度といういささか漠然としたものが対象ですので、難易度を「どう表現するか」ということもまた患者様にとっては混乱の元になります。
 本来ならば仮に「難しい」治療なら何が難しいのか(例えば歯の形に問題がある、現在歯磨きの状態が悪い、骨の密度が高く動かすのに時間が掛かりそうである、等)を順を追って説明するのが望ましいのですが、時間の制約などでままならない事もあるでしょう。
 こうした問題は矯正歯科に限らず一般歯科であっても、また医療行為全般について付いて回る事です。
 この場でA、B、Cのどの歯科医院が推薦できるか、といった結論は出せませんが、我々としては当HPの他の部分にも表現してありますように、主治医を選ぶ方法として申し上げたいことは「貴方が一番信頼できる先生が貴方にとって一番良い先生」であるということです。
 ことに矯正歯科という時間も手間もお金も掛かる治療では一度開始すると簡単に担当医を変わるわけにもいかず、歯科医師選びが何より重要でしょう。ですから納得がいくまで充分に話し合って決定されることをお勧め致します。
 医療人の専門医であれば誰でも患者様の最上の結果を目指して努力していると思います。
 治療を開始するときが一番悩むことも多いでしょうが、お子さまの健康の為にも頑張って下さい。

 早速のメール、ありがとうございました。お忙しいのに丁寧に答えて頂き、本当に感謝しております。
 大変恐縮ですが、もう一つだけお聞きしてもよろしいでしょうか?以下はあまりに個人を特定してしまう質問かもしれませんので、できれば掲示板に載せずに私宛てにメールしていただくか、載せる場合は本文を(わからないように)アレンジして頂きたいのですが・・・
 「貴方が一番信頼できる先生が貴方にとって一番良い先生」であるということーまさにそのことなのですが、実は前述のB医院で気になったことがあるのです。
 B医院は矯正患者で混み合い、これだけの人を見てるんだから安心できるなーと最初は思ったのですが、実際の相談になると、口の中をちらっと見ただけで、すぐに別室に通されて、ほとんど料金の話で終わってしまいました。たくさんの症例を見てる先生だからそうなのかもしれませんが、なんとなく引っ掛かるものがあり、別のD医院に行ってみました。
 D医院の先生は丁寧に口の中を見て、とても詳しく説明をしてくれました。人物的には1番信頼できる先生だと感じました。が、D先生は認定医でありながら、矯正の看板を出さずに希望者にのみ矯正治療していて、いままで60人ほどの患者さんを扱った、とのことです。これについて、橋本先生はどう思われますか?
 D先生に聞くと「僕はそういうスタイルでやってるから。専門は他にあるから」という答えだったのですが、経験豊富な矯正専門医と思ってよろしいのでしょうか?

A.はしもと矯正歯科
 はしもと矯正歯科の橋本です。
 貴方様の描写を拝見する限り、D先生は経験豊富な専門家と考えて差し支えないと思われます。
 日本矯正歯科学会認定医を取得するためには最低でも5年間の専門機関(殆どの場合歯科大学矯正学教室でしょう)に在籍し、50症例以上の患者数を診療した経験が問われます。あと論文の提出も義務づけられてはおりますが、直接診療技術に関わる問題ではありません。
 D先生の開業年度や大学での在籍年数にもよりますが、少なくとも100症例以上の経験があると思われます。
 ですので正規の手段で認定医を取得されておられるならば専門家と考えて差し支えはないと思います。
 だだしB先生の「口の中をちらっと見ただけで、あとは料金の話に始終・・」というのは決していい加減な行為と断定することは出来ないと思います。
 経験豊富な臨床医であれば口、顔、顎の動きを数秒観察しただけで必要な情報の半分以上を読みとることができます。
 むしろ実際の診療に必要な情報は検査結果から導き出す部分が多いです。(そのための検査ですから)
 そして実際に治療開始に至るまでに、最初にキチンとお話ししておかないと後でトラブルの原因となるのが料金関係ですので、それこそ「経験豊富な」先生ならばそのことを最初にちゃんとお話しようとするでしょう。
 何もかもじっくり時間を掛けてお話しするのが理想でしょうが、矯正患者様であふれかえっているような診療室ではなるべく段取り良く進めようとすると、そういった印象になってしまうのかも知れません。
 「B先生かもしくはD先生」と徐々に結論が絞られているようですので、最後まで納得がいかない、引っかかるという印象があるなら再度相談なさってはいかがでしょうか。それに対してイヤな顔をする先生ならばこの先信頼関係を保ち続けるのは困難でしょう。
 そして繰り返しになりますが、私としましては全く面識のない先生をこれらの文面だけで経験や人格を断定することは出来ませんので、貴方にとって一番良い先生にかかって満足ゆく笑顔を手に入れて下さい。

 橋本先生、 お忙しいところ返信頂き、ありがとうございます。
 先生の御意見大変参考になりました。 本当にこのサイトに出会えてよかったです。 これからもがんばって下さい。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

2011-01-08加古川市40歳女性

11歳、ヘッドギアで下顎の拡大などもできるのですか?

A.広瀬矯正歯科

2010-03-31紀の川市11歳女の子

気になる八重歯、矯正を考えていますが、期間、費用は?

A.太田矯正歯科

2010-02-11鳥取県11歳女性

小学5年生の娘のことですが出っ歯でなやんでいます。

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について