大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

メール相談回答数

2,358件

トップ

新着メール相談

2020-03-06滋賀県20代女性

矯正時のワイヤーの色を白いものにすることは可能ですか?

A.西田矯正歯科

よく読まれている Q & A

2020-04-05京都府20代女性

はじめまして。歯列矯正について相談があります。
わたしは口元が出ており、前歯で物を噛むことができません。また、口を閉じた際顎に少し皺も寄ってしまったり写真を撮った際顎や唇がかなり片側によっているように見えてしまいます。
幼少期から顎が小さいらしく下の前歯が一本足りないのでこれらのことは仕方ないものなのでしょうか。
これらの症状は矯正で改善できるものですか?
その場合どういった治療になりますか?
外科手術の可能性はありますか?
沢山質問してしまい申し訳ありません。回答お待ちしています。
ご連絡ありがとうございます。西田矯正歯科の西田真です。
口元が出ていることと前歯で噛み切れないことを気にされておられる訳ですね。お写真を拝見させていただいたかぎりでは、上顎の2本の小臼歯と下顎の歯牙1本の抜歯を行い噛み合わせの改善を行う必要性があります。
従いまして外科手術の必要性はございません。正確なことは直接お口の中を矯正歯科専門医にて治療方針をお聞き願えますでしょうか。なお、虫歯が認められますので、至急治療されることをお勧めします。

2020-03-27和歌山県有田郡13歳男性

上顎が全体的に出ているのが気になります。普段から口が開いたままの口呼吸です。
今まで矯正相談に行ったところでは、上下2本ずつ、合計4本の抜歯が必要と言われました。
矯正をする上では、必要なことでしょうか?歯を抜くことに少しためらいがあります。
また費用と期間はどれくらいかかるでしょうか?
こんにちは、太田矯正歯科クリニックの太田です。
お悩み相談ありがとうございます。
お写真拝見しました。

上下2本ずつ、合計4本の抜歯が必要と言われました。
矯正をする上では、必要なことでしょうか?

についてですが、治療に必要であれば、抜歯もします。
だだ抜歯治療をする場合、成長発育がある程度、落ち着いてからの方がリスクは少なくなると思います。
口元の突出感を改善しない場合は、非抜歯でも配列出来る場合もあります。
口元の突出感を改善するような場合、下顎骨の成長発育が落ち着いていれば抜歯をして、そのスペースを利用して歯並びの改善と口元の改善をします。

歯の移動にはブラケットという装置を装着する必要があります。動的治療期間は個人差はあるもの、当クリニックの場合は一般的に3年前後の動的治療期間を要します。

矯正治療のみでも改善が著しい場合も有りますが、骨格の問題が大きい場合は、矯正治療のみでは限界もありますので、外科矯正治療にて改善するような症例もあります。

費用、支払い方法などは、初診相談時に詳しく説明をさせていただいておりますが、
当クリニックで矯正治療のみで自費の場合、
総額(税込)70万~90万円の費用を要します。

初診相談は無料でさせて頂いております。
現在、初診相談は申し込み順で、約2~3ヵ月程お待ちいただいております。また新規に治療をお引き受けする患者様数を年間で制限させて頂いておりますので、開始希望時期により治療開始が遅くなる場合もあります。

2020-03-25和歌山市17歳女性

17才の娘の矯正について相談させてください。
娘は9才頃から歯の矯正治療(受け口)を始めて、8年間ずっとプレートのみで矯正してきました。先日、歯科の先生からこのプレートではこれ以上の改善が期待できないので、フェイスマスクをしたほうがいいと言われました。そこで、ネットなどでフェイスマスクについて検索してみたところ、フェイスマスクは多くの場合子供の矯正に使われると書かれたありました。大人の矯正にも期待はできるとも書いてありましたが、私としては、もう少し早い段階でフェイスマスクと言う選択肢が出てこなかったのか、納得できません。8年間経過観察で定期的に通っていて、効果が期待できないと判断するのにこれほどの時間が必要なのでしょうか。娘は受け口で、プレート装置で少し改善したものの、現在は現状維持のために夜だけつけている状態です。第一段階として8年間のプレート矯正、そして第二段階のフェイスマスクに進むというのは一般的なのでしょうか。現在通っている歯科医師が矯正の専門医でも認定でもないため、少し不安を感じています。
近くの太田矯正歯科に相談させていただきたいのですが、2、3ヶ月先になるとのことで、それまでこのまま保留にしても大丈夫でしょうか。
こんにちは、太田矯正歯科クリニックの太田です。
お悩み相談ありがとうございます。

 矯正治療は、歯科医師が10人居れば10通りとお考え頂いた方が良いのではと思います。
治療方法、使用する装置、治療のテクニック、治療にとりかかる時期、治療後の仕上がり、目標とするゴール、費用、など、すべてが違うと言っても過言ではありません。
それぞれによく似たパターン、一部共通するものはあるかと思います。

また、患者様も同じで、よく似たパターンはあるでしょうが、歯並びの状態、治療に対しての取り組み方、成長発育のパターン、など全く全てが同一条件というのは無いかと思います。

ご質問に書かれていた治療方針も、全く別の治療方針を立てられる先生もあるでしょうし、同じような治療方針や考え方をされる先生もございます。

ただ今回は、先生の考えを御母様へ伝える説明不足な点、また納得されるまで疑問点を先生にお聞きになる点、インフォームドコンセントが不足されていたのかと感じます。
治療に不安を感じられてる場合は、セカンドオピニオンを受けられるのも良いでしょう。ただ費用の事などもございますので、まずは納得いかれるまで、主治医の先生とお話しされてはいかがでしょうか?

当クリニックは、現在、初診相談は約2-3ヶ月お待ち頂いてる状況です。
曜日、時間帯によっては、早く案内させていただく事も可能です。

矯正治療は、矯正治療ができない条件で無い限り、どのタイミングでも治療は可能です。緊急を要する症例の場合(例えば、永久歯の歯胚による永久歯の歯根吸収など)は、かかりつけの先生よりご連絡を頂くこととなっておりますが、お嬢様の症例の場合は適さないので、お待ちいただく事となります。順番をお待ちいただけるのであれば、セカンドオピニオンさせていただきます。

矯正治療について