大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2005-10-13

6歳になる息子の上前歯2本に過剰歯があり、とりあえず大きな病院で見てもらいましたが、今後長くかかるようなら個人病院で治療をした方がいいのでしょうか?

 

 

 6歳になる息子の上前歯2本に過剰歯があり、1本は抜いた乳歯の後に生えてきていて、そのせいで永久歯が90度横に向いてかなり隣の歯によっています。
 もう1本は下から上に生えておりまだ乳歯もあり、歯茎の中にいます。
 治療方法はまず過剰歯をとって、その後の永久歯が生えてきたら矯正を始める。と聞きました。
 しかし、乳歯では本格的な矯正は出来ないらしく、何年も治療がかかるみたいです。
 とりあえず大きな病院で見てもらいましたが、今後長くかかるようなら個人病院で治療をした方がいいのでしょうか?
 そんな場合病院から紹介してもらったっ方がいいのか、自分で探したほうがいいのか悩んでいます。
 このような場合でも保険はきかないのでしょうか。
 病院によって費用も違いますか。どれ位の治療費と期間が必要ですか?
 このような場合どんな病院を選べばいいですか?
A.はしもと矯正歯科
 はしもと矯正歯科院長の橋本公志です。
 大きな病院と個人の医院では建物の大きさも勤務しているスタッフの数も大きな違いがあり、お子さまの治療を考えるとき、選択には苦慮されることと思います。
 矯正という科目でも一長一短がありどちらが良いのかとは一概には申せませんが、歯科の中でも矯正は比較的大病院と個人病院の技術差がすくないセクションです。
 何故なら矯正専門医の殆どが大学病院などでの研修経験があり、かつ、矯正治療には個人では維持出来ないような大げさな設備が治療に必要となることが殆ど無いためです。
 逆に大病院の場合、担当医は勤務医となるため、治療が長期に渡る場合途中で担当医が変わってしまう可能性があります。
 従って治療が長期になることが予想される場合、通院に都合が良く、診療時間も土日などでも治療が出来る個人の医院のほうが良い場合は有るでしょう。
 さて、この文面からはお子さまの歯並びの正確な状況は把握できませんが、6歳という年齢や過剰歯による影響などから考えますと、期間的には治療終了まで約7~8年、過剰歯の抜歯は保険適用となりますが、矯正治療そのものには保険は利かず、これは個人病院であっても大病院であっても変わりは無いでしょう。
 費用も病院によって差は有りますが、大病院だから高いとか安いとかいったことはありません。
 費用は個人病院の一例として
 http://www.hanarabi.tv/hashimoto.html
 大病院(国立大学付属病院、全国統一です)の一例として
 http://www.dent.niigata-u.ac.jp/ortho/hp/ryoukin.html
 を参考にしてください。
 個人、大病院を問わず、医院にはそれぞれ一長一短があり、医院をどう選ぶかはある意味で最も重要な選択でしょう。
 患者様の立場から治療技術の判断を行うのは非常に困難ですが、医院選びの基本は「信頼関係が樹立できるかどうか?」ということだと思います。
 手間暇は掛かるでしょうが、お子さまにとって最良と思われる医院を見つけてあげてください。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

2018-05-30滋賀県 6歳 女児

小学一年の娘について、ご相談があります。現在、反対咬合です。

A.西田矯正歯科

2011-12-05アメリカ在住6歳女の子

6歳の娘、乳歯から2~3㎜ほど内側から永久歯が生えてきました。

A.はしもと矯正歯科

2010-11-25神戸市6歳10か月男の子

反対咬合で永久歯の先天的欠如、顎が小さく下顎に叢生もあります。

A.広瀬矯正歯科

2010-03-18兵庫県6歳男の子

6歳、下の中央部前歯2本が先欠歯と言われました。

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について