大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2005-09-03

下顎が出ている形の受け口ですが、外科的な手術などで下顎を削るなどの治療は出来るのでしょうか?

 

 

 下顎が出ている形の受け口ですが、小学校の頃矯正をして一時は直ったのですが、外すのが早かったのか戻ってしまいました。
 現在前歯6本以上差し歯にしており矯正器具もはめられないと思います。
 外科的な手術などで下顎を削るなどの治療は出来るのでしょうか。
A.広瀬矯正歯科
 広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
 装置をはずした後に下顎の成長があったために後戻りが起こったのかもしれませんね。
 骨格性の受け口を矯正単独で治したのであれば、現在あなたの上の前歯は前方に、下の前歯は後方に傾斜している状態だろうと思われます。
 外科手術を前提に治療をするのであれば、術前矯正でまず前歯の傾きを正常な状態にしなければなりません。
 その際、差し歯に装置を付けることは可能ですので心配はいりません。
 さらにもし差し歯が上の前歯を前方に出す目的でされたのであれば、歯根と歯冠の位置関係が不自然になっているかもしれません。
 その場合は程度が大きいようなら作り替える必要があります。
 もちろん検査をし、上顎と下顎のずれの程度や前歯の角度などを調べた上で治療方針は決まります。
 同様の質問に対して以前にもお答えしていますので参考にして下さい。(お悩み相談-4月7日、4月21日、5月1日分)

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正治療について

2007-11-23兵庫県26歳女性

歯列矯正って差し歯にした歯にはできないんですか?

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について