大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2004-09-13

6歳の男の子です。下の前歯の乳歯の裏に、永久歯が出掛かっているのですが、乳歯が小さくスペースが足りないとのことです。

 

 

 はじめまして、宜しくお願いします。
 上の歯もそうみたいです。他の歯はまだわかりませんが、顎が小さければ矯正ですか?まだ小さくて無理な気もします。調べたら、乱ぐい歯ならエキスバンジョンという拡大器で小児歯科でもいいとありました。どうなのでしょう。
 この子の場合、乱ぐい歯なのでしょうか。
A.はしもと矯正歯科
 はしもと矯正歯科の橋本です。
 6才といえば永久歯の生え始める年齢ですので、初めての永久歯が引っかかっているとなると、さぞご心配なことかと思います。
 この年齢ですと、お母様はまず小児歯科へ受診されることを考えられると思います。
小児歯科においても歯並びに対するアプローチは良く行われており、これは矯正という名称ではなく、咬合誘導と呼ばれています。
 小学校低学年の咬合誘導と矯正は、患者様からすると具体的な処置が似ているため区別は付きにくいと思われますが、考え方の成り立ちが異なります。
 咬合誘導はいわば予防処置でこれから生えてくる永久歯が悪い方に向かわないように、先手を取って行う処置という位置づけで、矯正は現在悪い位置にある歯を良い位置に移動させるという処置です。
 ただし、低学年の人が対象の場合は矯正歯科医も咬合誘導を行いますので、患者様にとっ ては殆ど変わりはないでしょう。
 しかし、小学校中学年を過ぎて、予防的な処置で対応が困難になった場合、矯正処置に移行する必要が出て参ります。
 これを虫歯の場合に当てはめてみると、歯磨き指導やフッ素塗布などで虫歯予防を行うことは大変有効ですが、それでも虫歯になってしまった場合、予防歯科ではなく一般歯科の「削って詰める」処置が必要になります。
 通常、予防歯科は一般歯科医や小児歯科医が行いますので、結果的に予防行為も虫歯の処置も同じ人が行うので、患者様にとってはあえて予防歯科と一般歯科を分けて考える必要はありません。
 しかし、歯並びを対象にすると、一生懸命予防処置を行っても先天的な原因などの場合等は、結果的に悪い歯並びになってしまうことは珍しくありませんので、最終的には矯正歯科医による矯正処置が必要になるということです。
 さて、お尋ねのお子さまの件ですが、文面から判断できる現在の年齢や歯の状態からすると些か心配するには早いようです。
 もし、顎が小さければご指摘のようにいずれ拡大装置で拡大することがベターでしょうが、何か処置を行うにはそれなりの医学的根拠が必要ですので、明らかに本来あるべき大きさより顎が小さいという診断が成されないと拡大するわけには参りませんし、 6才という年齢からすると、やはりご指摘の通り年齢が低すぎて現実問題として装置を適応させるのが困難な場合も多いです。
 理論的には低年齢からの開始が有利とされており、3才くらいから治療を開始される先生もいらっしゃいますが、私はもう少し様子を見てから判断してもよろしいかと思います。
 おそらくお母様のご心配の様に乱食い歯になる可能性もあるでしょうが、これに対する処置は確立されていますので、あまり早くから気をもむことも無いかと思います。
 いずれにせよ傾向は見受けられる様ですし、将来予防処置の結果としても、乱食い歯となれば矯正処置が必要となって参りますので、信頼できる矯正医や矯正処置まで対応可能な小児歯科医に相談されることをお勧めいたします。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

年齢

2011-12-05アメリカ在住6歳女の子

6歳の娘、乳歯から2~3㎜ほど内側から永久歯が生えてきました。

A.はしもと矯正歯科

2010-11-25神戸市6歳10か月男の子

反対咬合で永久歯の先天的欠如、顎が小さく下顎に叢生もあります。

A.広瀬矯正歯科

2010-03-18兵庫県6歳男の子

6歳、下の中央部前歯2本が先欠歯と言われました。

A.広瀬矯正歯科

矯正治療について