大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2019-10-19兵庫県30歳女性

下側の親知らずが片方しか生えてきておらず、下の歯全体が半歯程度ずれています。

 

 

[親知らず抜歯後の矯正について]下側の親知らずが片方しか生えてきておらず、そのせいで下の歯全体が半歯程度ずれています。そのせいで噛み合わせも悪く、正面から顔をみると下顎の歪みがひどくなってきました。そのため、いま親知らずの抜歯を検討しているのですが、親知らず抜歯後はどのような矯正が一般的なのでしょうか?ほかの歯の並びはよいのですが、「歯列矯正」で調べるとどれも高額なものが多くとても悩んでいます。調べると、交差咬合という状態に当てはまりました。


A.広瀬矯正歯科
はじめまして、広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
交叉咬合の歯だけを動かすのなら部分矯正が可能かもしれませんが、下の歯全体が半歯程度ずれているとのことですので、やはり全体の矯正が必要だと思います。
費用を心配されているようですが、もし下顎の歪みが骨格性のものなら、保険適用になる可能性があります。
ただし、その場合は外科手術を併用した矯正治療になります。
当院HP-外科的矯正治療を参考にしてください。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
都道府県
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正治療について

矯正治療について