大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2004-12-09

親不知と第二大臼歯を移動して第一大臼歯の隙間を埋めれますか?また部分矯正で可能ですか?

 

 

 はじめまして。
 矯正について調べていてこちらのHPに行き当たり、大変参考になりました。
 お忙しいところ申し訳ないのですが下記の質問にアドバイスをいただけないでしょうか?
 現在、左下の奥に親知らずと第二大臼歯、第一大臼歯がありますが、第一大臼歯が抜歯になるかもしれません。
 以前他の歯を抜歯してブリッジにしたのですが(健保ではなく自費)健康な前後の歯を大きく削ることが残念だったので今度の抜歯の後、親知らずと第二大臼歯を第一大臼歯のあった手前の方へ矯正できないかと考えています。(上には親知らずはありません。)
 こういった事は可能ですか?可能であればそれは部分矯正で治せるでしょうか?他の歯列は悪くないと思っています。
 こまめに歯磨きしえいるのですが虫歯になりやすい体質なので全部を矯正すると装置に食べかすがくっついて他の歯が虫歯になると困るのでできれば部分矯正でできないかなと考えています。よろしくお願いします。
A.はしもと矯正歯科
 はしもと矯正歯科院長の橋本公志です。
 矯正治療を希望される患者様は審美的な改善が直接の動機である場合が多いのですが、貴方のように矯正治療の併用によって歯を削る量を少なくすることも矯正のメリットの一つでしょう。
 さて、ご質問は親不知と第二大臼歯を移動して第一大臼歯の隙間を埋めれるか、とそれが部分矯正で可能か?ということですね。
 まず移動に関しては可能で、例えば何年か前にブリッジを装着した場合でも矯正治療にあたってブリッジを切断してその隙間を埋めてしまう事は珍しくありません。
 しかしこの移動を部分矯正で行うのは困難な場合が多いです。
 第一大臼歯は全ての歯の中で最も大きく上下とも幅は1cmほどあります。
 その後方の第二大臼歯も親不知もかなり大きな歯ですので、隙間を埋めるには「かなり大きな歯を大きく移動させる」必要があります。
 歯に限らず物を動かすには土台が必要で、問題はその土台をどうやって確保するか?という事になります。
 通常矯正治療では「第一大臼歯を土台」にして移動させますので、その逆はかなり困難です。
 部分矯正でこれを行おうとすれば、土台になる歯が第二大臼歯や親不知に負けてしまい他の部分に隙間が出来ます。
 そうなるとそれを埋めるにはまた他の歯に装置を付ける必要が出て参ります。
 全ての症例で当てはまるわけではありませんが一般論として困難なことは間違いないでしょうし、出来たとしてもかえって時間が掛かり虫歯になるリスクが増えてしまいます。
 「歯を削る量を少なくするために矯正の併用を考える」ということはある意味で理想論的な治療であり、通常我々が患者様に用いたくても理解が得られない場合のほうが多いです。
 従って貴方の志は大変尊いものと思われますので、具体的な状況判定の為にも通院可能な信頼できる矯正医に相談してみてください。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

その他

2010-07-20神戸市37歳男性

咀嚼した時に歯にしみるような感覚を数年まえから。

A.広瀬矯正歯科

2007-12-29京都市31歳女性

歯根が弱いとすきっぱの治療法はないのでしょうか?

A.西田矯正歯科

2007-10-29彦根市25歳女性

結婚の日だけ装置をはずすことは可能でしょうか?

A.西田矯正歯科

矯正治療について