大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2006-03-20

下の歯の前の方の歯が一本生まれつきありません。そのせいか分からないのですが、最近かみ合わせがうまくいかず、下のあごが出てきているようです。

 

 

 私は下の歯の前の方の歯が一本生まれつきありません。そのせいか分からないのですが、最近かみ合わせがうまくいかず、下のあごが出てきているようです。
 左下の前の方の歯が前に出てきて、喋り方も受け口で喋っているみたいです。
 歯の矯正をしたら治りますか?一本ない歯は埋める必要はありますか?
A.はしもと矯正歯科
 はしもと矯正歯科院長の橋本公志です。
 生まれつき歯の数が少ないことを先天的欠如と呼び、先欠歯と呼称されています。
 下の前歯はその好発部位とされ、日常の診療でも良くお見かけする物です。
 さて、最近噛み合わせがうまく行かないとのことですが、この文面だけで噛み合わせと先欠歯との関連を判断することは困難です。
 しかし、1本の先欠歯の場合、歯の数が奇数になりますので、左右対称の噛み合わせにならないことが多く、その関連は考えられると思います。
 従って、矯正治療で貴方の問題が解決できるかどうかの判断は出来ませんが、噛み合わせの不自然さの自覚症状はおありのようなので、一度専門医に受診されては如何でしょうか?
 歯のない部分を埋めるか、あるいはインプラントやブリッジなどで補うかは状況や治療方針によって異なりますので、担当医とよく相談してみて下さい。

はしもと矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは 

はしもと矯正歯科矯正歯科認定医

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2-2-5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分
TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
郵便番号
 半角英数 -無し
住所
電話番号
 半角英数 -無し
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

矯正治療について

矯正治療について