大阪

神戸

京都

名古屋

和歌山

奈良

2022-02-16兵庫県宝塚市17歳女性

【Eライン】下顎後退が気になり横顔にEラインがありません。これらを解散しようとするとどういった治療になりますか。

 

 

小学生の頃に出っ歯を矯正するために歯列矯正をしていましたが、出っ歯は気にならないほどに改善されたので第一期の治療で終了しました。
しかし、数年前から下顎後退が気になり横顔にEラインがありません。
口を閉じる時には毎回意識的に力を入れて閉じており、力を入れずに閉じる時には口の下に丸いボコっとしたものができ感覚的にも違和感があります。
また輪郭に左右差があり顎の歪みが原因なのではないかと思っています。
今まで通っていた歯医者では顎が小さい、顎関節症の傾向があると言われたことがあります。
これらを解散しようとするとどういった治療になりますか。
大体の料金も教えていただきたいです。

A.広瀬矯正歯科
はじめまして、広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
文面から考えられる治療法は2通りです。
どちらになるかは、下顎の後退量と咬み合わせのずれの大小によって決まります。
まずそれらが小さい場合は、4本の小臼歯を抜歯し、そのスペースを利用して前歯を後退する治療方針になるでしょう。
次に大きい場合は、外科手術を併用した外科的矯正治療になり、上下顎の移動を行う治療方針です。(当院HPー外科的矯正治療参照)
この場合でもやはり抜歯が必要になることが多いですが、主に下顎の前方移動でEラインを改善することになります。
費用については、前者は当院HPー矯正費用を参考にしてください。
後者は、顎変形症と診断されれば保険適用になり矯正費用に約30万円、外科手術に約10~20万円程度必要です。
外科手術に関しては高額療養費制度を利用しての費用です。
お近くの矯正専門の歯科医院に行かれ、治療方針等についての詳しい話を聞かれることをお勧めいたします。

広瀬矯正歯科
矯正歯科に関するお問い合わせは

広瀬矯正歯科(育成医療機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医)

〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) FAX.078-576-8662
診療時間.10:00~19:00 休診日.木・日・祝祭日
→医院紹介はこちら

この記事に質問する

※印は、必須項目です。記入漏れがございますと、お答え出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

お名前
性別
男性女性
年齢
都道府県
メールアドレス
相談内容
画像01
画像02
画像03
画像04
画像05

この記事をSNSでシェアする

Eライン

矯正治療について